ネガティブアラサー女だけど明るく楽しい人生を送りたい

冴えないアラサーOLの日記的なブログです

仕事、貯金、買い物のことなど、色々思ったこと等を書いていきます。
2018年は婚活メインで書こうかなと思ってます。
ただし内容はあまり具体的でなくゆるめです。

頭がおかしいかもしれない

月曜日疲れました~~~


でもまあ無事に終わったかな、、、
一応土日でリフレッシュできてた気がします。


土曜日は友達と色々あけすけに話してスッキリしました!!



今日帰宅中なんとなく卑屈なこと考えてしまいまして、
本当しょうもない内容なんですけどちょっと書きます。


まず、
「結婚もして子どもも生まれて順風満帆な人がいるのに、
私が結婚できなかったり仕事が大変なのは不公平じゃないか?」
と一瞬思ってしまいました。


実際には不公平というよりは、その差には持って生まれたものだけでなく
本人の努力の差とかあるわけで、
不公平と思っちゃうのは私の怠慢というかお門違いなんですけど!



まあそこから鬱々と疲れた頭で色々考えまして、、
種の保存を目的としたら、人間個人個人が不公平、あるいは状況や立場がそれぞれ異なることは自然なことではないか?という考えに至りました。


そこに至るにあたって昆虫の世界と人間社会を比べて考えたのですが、、


例えばハチの世界であれば
子孫を残すために女王蜂を他の働き蜂(全て雌)で支えたりして
働き蜂は自分の子供を産んだりしないけど、
働き蜂もきっとそういう生態として受け入れてる?わけですよね。


「働きアリの法則」においては
組織として働き者と怠け者が一定数必ずいてでもそれで成り立っている。



私自身が例え子どもを産まなくても、
お金を稼いで税金をしっかり払ったり、
産休や育児休暇の方や単純に怠け者の方の穴を埋めたりするのは
結局人間として種の保存や生態系のサイクル的な一部なのではないか??


とか考えたりして電車に乗ってました。



なんとなく変なこと考えたので考えをまとめてみたくなってブログに書きました(^_^;)
何馬鹿みたいな事考えてるんだろうとあとから消すかもしれませんが、、、


手に入れられもしない理想の環境を望んで不幸ぶるなら
いっそ「そういうもの」だと諦めたほうがよっぽど楽に生きられるかもなあなんて。


決して今特別落ち込んだりとか病んでるわけではないんですけどね、、、